【一橋生による】高校受験に必要な勉強方法

高校受験に向けた適切な勉強方法や心構えについて、今回は簡単にまとめました!!実際に、経験者からの体験談を元に作成しているので、「成績アップ」まちがいなしです。ただ部活生ですと、大会の期間などによっては異なるスケジュールの方が最適なこともあります!!あくまでも一例として、読んでみてください。

【期間別勉強法】

  1. 中3の4月〜6月:自分の実力を把握し、基礎を身につける。定期テストで高得点を目指す。
  2. 中3の7月〜8月(夏休み):中学1〜2年の範囲を総復習し、基礎を身につける。1日6〜8時間の勉強を目指す。
  3. 中3の9月〜12月:夏休みでの苦手分野の対策と並行して、新たな範囲を定着させる。模試を受けて実力を確認する。
  4. 中3の1月〜2月(受験直前期):過去問を解き、躓いた部分を復習。1日5時間(平日)〜8時間(休日)の勉強を目指す。

【科目別勉強法】

  1. 国語:漢字・古文の単語・文法などの基礎を暗記。問題集を解きながら定着させる。
  2. 数学:基礎だけでなく応用問題にも対策を。問題集を多く解き、問題解決力を養う。
  3. 英語:単語や文法を覚えた後、問題形式の勉強を。長文問題にも取り組む。リスニング対策も重要。
  4. 理科:暗記が重要。1冊の問題集を完璧に覚えるように勉強。過去問を使って実戦に備える。
  5. 社会:基礎を時間をかけて学ぶ。歴史は時代の流れに沿って学ぶと記憶に定着しやすい。出題傾向を調べて重点的に対策する。

高校受験の勉強には計画的なアプローチとコツコツとした取り組みが必要です。定期的な模試を受け、自分の実力を確認しながら対策を進めることが重要です。また、体調管理や睡眠時間の確保も忘れずに行いましょう!!残り半年もありませんので、かけぬけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です