【一橋生による】一番コスパ良い英検は!?


受験において費用対効果が高い英検の級は、準2級だと私は個人的に考えております。

費用対効果とは、費用をかけて得られる効果の大きさを表す言葉です。英検の費用は、受験料のほかに、参考書や問題集の購入費、学習塾や予備校の受講費などがかかります。一方、効果は、英検の合格や、大学入試における英語の免除や加点などです。

準2級は、高校卒業レベルの英語力で、高校入試や大学入試の英語科目で一定の得点が期待できます。また、大学の総合型選抜や学校推薦型選抜などでは、英検準2級の取得が受験条件となっている場合もあります。

一方、2級や準1級になると、学習にかかる時間や費用が大きく増加します。また、そもそも大学入試においても、2級や準1級の取得によるメリットは限定的です

そのため、費用対効果を考えると、準2級が最適と言えます。

具体的には、以下の理由が挙げられます。

  • 受験料が安い
  • 学習時間や費用が比較的少ない
  • 高校入試や大学入試において一定のメリットがある

準2級の受験料は、2023年度の2次試験で3,300円です。2級や準1級の受験料は、5,500円です。

また、準2級の学習は、高校の授業や教科書で十分にカバーできます。2級や準1級になると、より高度な英語力が求められるため、参考書や問題集の購入が必要になる場合もあります。

このように、準2級は、費用対効果が高い英検の級と言えます。

ただし、あくまでも一般的な傾向であり、個人の状況や目標によって最適な級は異なります。高校入試や大学入試で英語の得点をより高めたいという場合は、2級や準1級を目指すのもよいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です