【一橋生による】そもそも中3(受験生)って何から勉強するの!?

中学3年生になると、受験勉強が本格化します!そこで今日は、受験勉強の進め方について、ポイントをまとめました!!

1. 1・2年生の復習から始める

受験勉強のスタートは、1・2年生の復習から始めるのが一般的です。1・2年生の範囲をしっかりと理解できていないと、3年生の内容を理解することが難しくなります。

復習は、学校の教科書やワークを活用して、自分で理解しながら進めていきましょう。分からないところは、塾や家庭教師などで質問をしたり、参考書や問題集で補ったりするのがおすすめです。

2. 3年生の先取り予習をする

学校の授業は、3年生になると進度が速くなります。学校の授業に遅れを取らないように、3年生の先取り予習をしておきましょう。

先取り予習は、塾の授業や参考書、問題集などを活用して進められます。先取り予習をすることで、学校の授業が理解しやすくなり、効率的に学習を進めることができます。

3. 過去問演習を重視する

過去問演習は、受験勉強の最終段階で欠かせません。過去問を解くことで、自分の実力を把握し、弱点を見つけることができます。

過去問演習は、入試本番と同じ時間制限で解くことが重要です。また、解答解説をしっかりと読んで、間違えた問題はなぜ間違えたのかを理解しましょう。

4. 体調管理を徹底する

受験勉強は、体力と気力が必要になります。十分な睡眠と栄養をとるなど、体調管理を徹底しましょう。

また、ストレスを溜め込まないように、適度に息抜きをすることも大切です。

まとめ

中学3年生の受験勉強は、1・2年生の復習から始め、3年生の先取り予習をしながら、過去問演習を重視することがポイントです。また、体調管理もしっかりと行うようにしましょう。

受験勉強は、一人で頑張るのは大変です。塾や家庭教師などのサポートを活用しながら、効率的に学習を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です