【一橋生による】受験生が隙間時間に読むべき本

受験勉強は大変ですが、勉強の合間に読書をすると、リフレッシュやモチベーションアップにつながります。ここでは、受験生が隙間時間に読むべき本を3冊ご紹介します。

1. 『読書する力』(齋藤孝著)

この本では、読書の目的や効果、読書力を鍛える方法などがわかりやすく解説されています。読書によって身につく力は、勉強だけでなく、仕事や人生にも役立つものです。受験勉強で培った読書力を、社会に出てからまで活かすためにも、ぜひ読んでみてください。

2. 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著)

この本は、高校野球の女子マネージャーが、ドラッカーの『マネジメント』を読んで、野球部をマネジメントするようになる物語です。ビジネス書のエッセンスを、わかりやすくストーリー仕立てで学ぶことができます。受験勉強で培った論理的思考力や問題解決力を、さらに鍛えるためにも、おすすめです。

3. 『頭のいい人の話し方』(吉田昌弘著)

この本では、話す力を鍛えるための具体的な方法が紹介されています。話す力は、受験や仕事だけでなく、日常生活でも役立つスキルです。受験勉強で培ったコミュニケーション能力を、さらに磨くためにも、読んでみてください。

これらの本は、いずれも比較的短く、読みやすいものばかりです。スキマ時間に気軽に読むことができます。ぜひ、自分に合った本を探してみてください。

読書のメリット

読書には、以下のメリットがあります。

  • 知識や教養を身につけることができる
  • 想像力や創造力を養うことができる
  • ストレス解消やリフレッシュにつながる
  • 語彙力や表現力を高めることができる
  • コミュニケーション能力を磨くことができる

受験勉強で忙しい時期だからこそ、読書で心と体をリフレッシュさせて、モチベーションを維持しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です