大学受験英語の勉強法【現役一橋大生オリジナル】

こんにちは、小金井個人指導ゼミの講師Tです。

今日は、大学受験英語の勉強法について解説します。

大学受験英語の勉強の流れ

大学受験英語の勉強は、大きく分けて以下の3つのステップに分けられます。

  • 基礎固め

基礎固めでは、単語や文法などの基礎知識を身につけていきます。基礎ができていないと、応用問題を解くことが難しくなります。

  • 応用問題演習

応用問題演習では、長文読解やリスニングなどの応用問題に取り組んでいきます。応用問題を解く力を身につけることで、得点力をアップさせることができます。

  • 過去問演習

過去問演習では、実際の入試問題を解いて、自分の実力を把握していきます。過去問を繰り返し解くことで、実戦力を身につけることができます。

大学受験英語の勉強のポイント

大学受験英語の勉強をする際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 単語を覚える

英語は、単語力がすべてと言っても過言ではありません。まずは、4,000~6,000語程度の単語を覚えましょう。

  • 文法を理解する

文法は、英語を理解するための基本です。文法の基本事項を理解した上で、応用問題を解く練習をしましょう。

  • 長文読解力を鍛える

長文読解は、大学受験英語で最も配点の高い分野です。長文読解力を鍛えるためには、毎日長文に触れ続けることが大切です。

  • リスニング力を鍛える

リスニングは、大学受験英語で2番目に配点の高い分野です。リスニング力を鍛えるためには、音読やシャドーイングなどの練習をしましょう。


大学受験英語の勉強のスケジュール

大学受験英語の勉強は、早めに始めることが大切です。高1から計画的に勉強を進めることで、効率的に学習を進めることができます。

以下に、1年間の勉強スケジュールの例を挙げます。

高1

  • 単語帳を1冊完璧にする
  • 文法の基本事項を理解する
  • 長文読解の基礎力を身につける

高2

  • 単語帳をもう1冊完璧にする
  • 文法の応用事項を理解する
  • 長文読解の力をさらに鍛える

高3

  • 過去問演習を開始する
  • 志望校の過去問を何度も解いて、実力を把握する

大学受験英語の勉強のコツ

大学受験英語の勉強のコツは、以下のとおりです。

  • 自分に合った勉強法を見つける

人によって、自分に合った勉強法は異なります。自分に合った勉強法を見つけることで、効率的に学習を進めることができます。

  • 毎日継続して勉強する

英語は、毎日継続して勉強することで、身につくものです。毎日少しずつでもいいので、勉強を継続しましょう。

  • モチベーションを維持する

英語の勉強は、地道で大変なものです。モチベーションを維持するために、目標を立てたり、勉強仲間を見つけたりするとよいでしょう。


まとめ

大学受験英語の勉強は、早めに始めることが大切です。自分に合った勉強法を見つけて、毎日継続して勉強することで、合格を勝ち取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です