大学受験数学の極意

大学受験数学の勉強方法は、大きく分けて以下の4つのステップに分けられます。

  1. 基礎固め
  2. レベルアップ
  3. 過去問演習
  4. 入試直前の総仕上げ

1. 基礎固め

基礎固めは、高校1年生から2年生の前半にかけて行うのが理想です。この段階では、教科書や教科書レベルの問題集を用いて、数学の基本的な概念や公式を身につけていきます。

基礎固めをしっかりと行うことで、その後のレベルアップや過去問演習の効率が上がります。また、数学の基礎ができていないと、応用問題や難易度の高い問題を解くのは難しくなります。

2. レベルアップ

基礎固めが終わったら、受験用参考書や問題集を用いて、レベルアップに取り組みます。この段階では、基本的な概念や公式を応用した問題を解くことで、実践的な力を身につけていきます。

レベルアップの段階では、1問1問を完璧に解けるまで繰り返し解くことが大切です。また、解き方を理解するだけでなく、自分で解き方を説明できるレベルまで仕上げることが重要です。

3. 過去問演習

レベルアップが終わったら、志望校の過去問演習に取り組みます。過去問演習は、受験本番の形式に慣れ、自分の実力を把握するために重要です。

過去問演習では、制限時間内に解き切れるかどうかを意識しながら、解答を導く過程を丁寧に確認しましょう。また、解けなかった問題は、必ず解き直して理解を深めましょう。

4. 入試直前の総仕上げ

過去問演習が終わったら、入試直前の総仕上げを行います。この段階では、これまでに学習した内容を復習し、苦手な分野を重点的に対策します。

総仕上げでは、過去問や模試を繰り返し解いて、実戦力を磨くことが大切です。また、時間配分やケアレスミス対策にも注意しましょう。


筆者の3つのアドバイス

ここでは、上記の4つのステップに加えて、数学の勉強を効率的に進めるための筆者の考えをいくつか紹介します。

  • 数学は「考える」科目である

数学は、単に公式を暗記したり、問題を解くためのテクニックを身につけるだけでは高得点を取ることはできません。問題文を読み解き、解答を導くための論理的思考力を養うことが重要です。

そのため、数学の勉強をするときは、問題文を丁寧に読み、問題の意味を理解することに重点を置きましょう。また、解答を導く過程で、なぜその方法で解けるのかを常に考えるようにしましょう。

  • 数学は「つながり」のある科目である

数学は、単元ごとに独立した科目ではなく、各単元が密接につながり合っています。そのため、単元ごとに勉強するのではなく、全体像を把握しながら勉強することが重要です。

そのため、数学の勉強をするときは、各単元の基本的な概念や公式を理解した上で、それらを組み合わせて応用問題を解く練習をしましょう。

  • 数学は「習うより慣れろ」の科目である

数学は、問題を解く練習を重ねることで実力が身につく科目です。そのため、数学の勉強をするときは、とにかく問題をたくさん解くことが大切です。

問題を解くときは、解き方や考え方を理解するだけでなく、自分で解けるようになるまで繰り返し解きましょう。また、解答を導く過程で、自分の思考を文章で説明できるように練習するとよいでしょう。

これらの視点を意識しながら、効率的に数学の勉強を進めていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です