勉強はどれぐらいの頻度で休憩するのが一番効率いい?

勉強をするときには、休憩を挟むことが重要です。休憩を挟むことで、集中力が回復し、記憶や理解力が高まると言われています。では、勉強はどれぐらいの頻度で休憩するのが一番効率いいのでしょうか。

一般的には、25分勉強したら5分休憩というサイクルが効果的と言われています。これは、人間の集中力が25分程度しか持続しないという研究結果に基づいたものです。

ただし、これはあくまでも目安です。人によって集中力や疲れやすさは異なるため、自分に合った休憩の頻度を見つけることが大切です。

以下に、休憩の頻度を決めるポイントをいくつか挙げます。

  • 自分の集中力を見極める

まずは、自分がどれぐらいの長さで勉強に集中できるのか、試しに時間を計ってみましょう。集中力が切れてきたら、休憩をとるようにします。

  • 疲れやすさも考慮する

集中力だけでなく、疲れやすさも考慮して休憩の頻度を決めましょう。疲れやすい人は、短い時間でこまめに休憩をとるとよいでしょう。

  • 勉強内容によって調整する

難易度の高い勉強や、新しいことを覚える勉強は、集中力がより持続しにくいため、休憩の頻度を多めにするなどの調整が必要です。

また、休憩の取り方も重要です。休憩中は、勉強とは全く違うことに目を向けることで、リフレッシュできます。


具体的には、以下のようなものがおすすめです。

  • 軽く体を動かす
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きな本を読む
  • 散歩をする
  • 昼寝をする

休憩を効果的に活用することで、勉強の効率を上げ、成果を上げることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です