勉強の休憩を一回挟んでしまうと中々再開できない人に向けて

勉強をしていると、どうしても集中力が切れてしまうことがあります。そんなときは、休憩を挟んでリフレッシュすることが大切です。しかし、休憩を一回挟んでしまうと、中々再開できなくなってしまうという経験はありませんか?

なぜ休憩を一回挟むと、中々再開できなくなってしまうのでしょうか。その理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目の理由は、脳の切り替えがうまくできないことです。勉強中は、脳が特定のことに集中しています。休憩を挟むと、脳は勉強から切り離されます。しかし、再開するときに、もう一度脳を勉強モードに切り替える必要があります。これがうまくできないと、再開するのに時間がかかってしまいます。

2つ目の理由は、モチベーションが下がってしまうことです。休憩を挟むと、勉強の進捗が止まってしまいます。すると、モチベーションが下がってしまい、再開するのが億劫になってしまうのです。

では、休憩を一回挟んでしまったときに、中々再開できないことを防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

まず、休憩の時間を短くしましょう。休憩の時間が長すぎると、脳が完全に切り替わってしまう可能性があります。そのため、休憩の時間を15分程度にするのがおすすめです。

また、休憩中に勉強のことを考えないようにしましょう。休憩中に勉強のことを考えてしまうと、脳が勉強モードのままになってしまうため、再開するのが難しくなります。休憩中は、好きなことをしてリフレッシュするようにしましょう。

さらに、再開するときには、具体的な目標を立てましょう。再開するときに、何をしようか考えておけば、モチベーションを維持しやすくなります。


具体的には、以下の3つのステップで再開するとよいでしょう。

  1. 再開する前に、何をしようか考えておきましょう。
  2. 再開したら、すぐに作業に取り掛かりましょう。
  3. 作業を進めるごとに、達成感を感じるようにしましょう。

これらの方法を実践することで、休憩を一回挟んでしまったときにも、中々再開できなくなることを防ぐことができます。

また、休憩のタイミングも重要です。勉強が頭に入ってこなくなったときや、集中力が切れそうになったときが、休憩のタイミングの目安です。ただし、休憩を挟みすぎて、勉強の進捗が遅れてしまうことにも注意しましょう。

自分に合った休憩のタイミングと方法を見つけて、効率よく勉強を進めていきましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です