数学の基礎的な問題は解けても、応用問題が中々解けない人へ

数学の勉強をしていると、基礎的な問題は解けるのに、応用問題が中々解けないという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。

基礎的な問題は、与えられた条件や図形から、必要な情報を抽出して、公式や定理を使って解くことができます。一方、応用問題は、現実の世界の課題を数学的に解くものです。そのため、基礎的な問題よりも、より複雑な条件や図形が与えられたり、現実世界との関連性が深かったりするため、解くのが難しい場合があります。

このような応用問題を解くためには、まず基礎的な問題をしっかりと理解しておくことが大切です。基礎的な問題を理解していないと、応用問題で必要な情報を抽出したり、公式や定理を使いこなしたりすることができないため、解くのが難しくなってしまいます。

また、応用問題を解くためには、数学的な考え方や解法を身につけることも大切です。数学的な考え方とは、問題を解くために必要な情報を整理したり、問題を解くためのアプローチを考えたりすることです。解法を身につけるとは、ある問題を解くための手順や方法を覚えることです。

応用問題を解くためには、基礎的な問題をしっかりと理解した上で、数学的な考え方や解法を身につけることが大切です。

具体的な対策

では、具体的にどのような対策をすれば、応用問題を解けるようになるのでしょうか。

まず、基礎的な問題をしっかりと理解するためには、問題集や教材を繰り返し解くことが効果的です。また、問題を解く際には、なぜその公式や定理を使うのか、なぜその手順で解くのかを理解するようにしましょう。

数学的な考え方や解法を身につけるためには、応用問題集や参考書を活用するのがおすすめです。応用問題集や参考書には、様々なタイプの応用問題が掲載されているので、自分に合った問題集や参考書を選んで、繰り返し解いてみましょう。

また、解答を見ても、なぜその解き方になるのかが分からない場合は、解説をしっかりと読んで理解するようにしましょう。

個人的に有効だと思った対策3選

  • 応用問題を自分で作ってみる

応用問題を自分で作ってみると、応用問題の作り方を学ぶことができます。また、自分で作った応用問題を解いてみると、問題を解くための考え方やアプローチを考える力が身につきます。

  • 数学的な思考力を鍛えるトレーニングをする

数学的な思考力を鍛えるトレーニングには、パズルやクイズ、ゲームなどがあります。パズルやクイズ、ゲームで数学的な思考力を鍛えると、応用問題を解く際にも役立ちます。

  • 数学の先生や先輩に相談する

応用問題が解けない場合は、数学の先生や先輩に相談するのもおすすめです。先生や先輩に相談することで、自分の解き方の間違いや、応用問題を解くためのヒントをもらうことができます。


まとめ

数学の応用問題を解けるようになるためには、基礎的な問題をしっかりと理解した上で、数学的な考え方や解法を身につけることが大切です。また、応用問題を自分で作ってみる、数学的な思考力を鍛えるトレーニングをする、数学の先生や先輩に相談するなど、独創性のある対策も取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です