暗記しても忘れちゃう人へ

勉強をしても、しても忘れちゃう。そんな経験はありませんか?

実は、これは誰にでもあることです。人間の脳は、一度覚えたことでも、時間の経過とともに忘れてしまう性質があります。これを「忘却」といいます。

忘却曲線とは、ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが行った実験から導かれた、忘却の曲線です。この実験では、エビングハウスは、無意味な音節を覚えさせた後、時間の経過とともにどれだけ忘れていくかを調べました。そして実験によって、以下の結果が得られました。

この曲線からわかるように、人は覚えた直後から急激に忘れていきます。1時間後には56%、1日後には74%、1週間後には77%、1ヶ月後には79%も忘れてしまいます。

つまり、一度覚えたことを長く覚えておくためには、定期的に復習することが大切です。

忘却曲線を克服する勉強法

エビングハウスの忘却曲線を克服するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 定期的に復習する

1度覚えたら終わりではなく、定期的に復習することで、記憶の定着を図ります。復習の頻度は、1日後、3日後、1週間後、1ヶ月後など、忘れやすい順番に行うのが効果的です。

  • 興味を持って勉強する

興味を持って勉強することで、記憶の定着率が高まります。そのため、自分が興味のある分野や、役に立つと思える分野を勉強するようにしましょう。

  • さまざまな方法で勉強する

同じ方法で勉強していると、飽きてしまい、記憶の定着が難しくなります。そのため、さまざまな方法で勉強するようにしましょう。例えば、音読や暗唱、要約、イラストや図表を活用するなど、自分に合った方法を見つけましょう。

まとめ

暗記しても、しても忘れてしまう人は、エビングハウスの忘却曲線を理解した上で、上記のような勉強法を試してみてください。そうすることで、記憶の定着率を高め、忘れにくくすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です