紙に書きながら暗記するのは効率よいのか!?

こんにちは、Xです。

今回は、紙に書きながら暗記するのが効率的なのかどうかについて、考えていきたいと思います。

紙に書くと記憶が定着しやすい

紙に書くと、視覚だけでなく、聴覚、運動感覚の3つの感覚が刺激されます。そのため、記憶が定着しやすくなると考えられています。

また、紙に書くことで、自分の頭の中で理解した内容を整理しながら暗記することができます。そのため、より深く理解しながら暗記することができます。

紙に書くのに時間がかかってしまう

紙に書くと、やはり時間がかかってしまうというデメリットもあります。特に、暗記する内容が多い場合や、難しい内容の場合は、時間がかかってしまい効率が悪くなる可能性があります。

また、紙に書くことで、手書きが苦手な人は、暗記に集中できなくなってしまう可能性もあります。


結論は?

結論としては、紙に書きながら暗記するのは、ある程度の効果はあると言えますが、必ずしも効率的とは限らないということです。

紙に書きながら暗記するのが向いている人は、

  • 視覚、聴覚、運動感覚の3つの感覚を刺激して記憶を定着させたい人
  • 自分の頭の中で理解した内容を整理しながら暗記したい人

と言えるでしょう。

一方、紙に書きながら暗記するのが向いていない人は、

  • 暗記する内容が多い人
  • 難しい内容を暗記したい人
  • 手書きが苦手な人

と言えるでしょう。

紙に書きながら暗記する際のポイント

紙に書きながら暗記する際は、以下のポイントを押さえると、より効率よく暗記することができます。

  • 暗記する内容を、短い単語や文章に分解する
  • 暗記する内容を、自分の言葉で書き換える
  • 声に出して暗記する

また、暗記する内容によっては、紙に書くのではなく、フラッシュカードやアプリなどを使うと、より効率的に暗記できる場合があります。

自分のスタイルに合った暗記方法を見つけて、効率よく暗記しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です