この時期に志望校に合格するために必要なこと5選

受験の直前期である12月。この時期は、志望校合格を左右する重要な時期です。ここでしっかりと対策を立てて取り組むことで、合格の可能性を大きく上げることができます。

そこで今回は、この時期に志望校に合格するために必要なこと5選をご紹介します。

1. 志望校の過去問を何度も解く

過去問を解くことは、志望校の傾向や出題形式を把握するのに欠かせません。この時期は、過去問を何度も解いて、自分の実力と志望校のレベルとの差を把握しましょう。

また、過去問を解く際には、解答解説をしっかりと読み込んで、自分の間違えた箇所を理解し、復習をすることが大切です。

2. 弱点科目を徹底的に対策する

過去問を解いて、自分の弱点科目がわかったら、その科目を徹底的に対策しましょう。

弱点科目は、通常の勉強ではなかなか成績が伸びにくいものです。そのため、この時期は、弱点科目だけに集中して勉強する時間を設けることが大切です。

参考書や問題集を活用して、基礎からしっかりと学び直したり、苦手な分野を重点的に対策したりしましょう。

3. 体調管理をしっかりする

受験当日までに万全の体調で臨むためには、体調管理をしっかりすることが大切です。

十分な睡眠をとったり、バランスの良い食事をとったり、規則正しい生活を心がけましょう。また、風邪やインフルエンザなどの感染症にも注意が必要です。

4. メンタルを強くする

受験は、精神的にも大きな負担がかかります。そのため、メンタルを強くすることも大切です。

不安や焦りを感じたら、信頼できる人に相談したり、趣味や好きなことに没頭したりして、リフレッシュしましょう。また、合格のイメージを強く持って、前向きな気持ちで臨みましょう。

5. 最後まであきらめない

どんなに努力をしても、思うように成績が伸びないこともあるかもしれません。そんなときは、あきらめずに最後までやり抜くことが大切です。

合格するためには、最後まで努力を続けることが何よりも重要です。


以上、この時期に志望校に合格するために必要なこと5選をご紹介しました。

この時期にしっかりと対策を立てて取り組むことで、合格の可能性を大きく上げることができます。

志望校合格に向けて、最後まで諦めずに頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です