志望校の判定があんまりよくない人へ

こんにちは、みなさん。

今日は、志望校の判定があんまりよくなくて悩んでいる人に向けて、少しアドバイスをしたいと思います。

私も、受験生のときは、志望校の判定があんまりよくなくて、とても落ち込みました。でも、そのとき、ある先輩から、こんな言葉をかけられました。

「判定はあくまでも目安だから、気にしすぎないで。あとは、自分の力を出し切ることだけ考えよう。」

その言葉を聞いて、少し気持ちが楽になりました。そして、そこからは、判定のことばかり気にせず、自分の勉強に集中するようにしました。

もちろん、判定が良くないと、不安になる気持ちはわかります。でも、判定だけで、自分の実力を判断するのは難しいのです。

例えば、判定がCでも、その大学の合格最低点に届いていれば、合格する可能性はあります。また、判定がBでも、その大学の合格最低点に届いていなければ、不合格になる可能性もあります。

つまり、判定はあくまでも、自分の実力を測るための一つの指標にすぎないのです。

なので、判定があんまりよくなくても、落ち込む必要はありません。あとは、自分の力を出し切ることだけ考えましょう。

具体的には、以下のことに取り組んでみてください。

  • 志望校の過去問を繰り返し解いて、合格最低点を確実に超えるようにする。
  • 自分の苦手な分野を重点的に勉強する。
  • 模試の復習をしっかりして、自分の弱点を把握する。

また、周りの人に相談するのもおすすめです。

家族や友達、先生など、信頼できる人に、自分の悩みを相談してみてください。きっと、良いアドバイスをしてくれるはずです。

最後に、もう一度言いますが、判定はあくまでも目安です。あとは、自分の力を出し切ることだけ考えましょう。

みなさんの合格を、心から願っています。

追記

判定があんまりよくなくても、諦めないでください。

私は、判定がCだった大学に、見事合格することができました。

もちろん、それは、私の努力のおかげです。

みなさんも、自分の力を出し切って、最後まで諦めずに頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です