共通テスト前日にすべきこと

こんにちは、小金井個人指導ゼミのXです。

今回は、共通テスト前日にすべきことを、大学生である筆者の立場から述べていきたいと思います。

持ち物と経路の最終チェック

共通テスト前日にまずすべきことは、持ち物と経路の最終チェックです。

持ち物は、受験票、筆記用具、腕時計、マスク、飲み物、軽食など、当日必ず必要になるものをすべて確認しましょう。万が一のことも考えて、予備の筆記用具や時計なども用意しておくと安心です。

経路は、家から試験会場までの道順を頭の中でシミュレーションしておきましょう。交通機関の運行状況や、途中で混雑する場所などがないか確認しておくと、当日慌てずに行動できます。

簡単な復習

勉強も、少しだけ復習しておくとよいでしょう。

公式や英単語などの簡単な暗記ものを復習したり、参考書やノートを見返したりして、当日万が一忘れてしまったときのために備えましょう。

ただし、長時間勉強するのは逆効果です。疲れやストレスで、当日のパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。

心を落ち着かせる

そして、なにより大切なのは、心を落ち着かせることです。

ここまで頑張ってきたのですから、あとは当日を全力でやり遂げることだけです。

緊張や不安を感じたら、深呼吸をしたり、好きな音楽を聴いたりして、気持ちを落ち着かせましょう。

親への感謝

最後に、親への感謝の気持ちを伝えましょう。

受験勉強を支えてくれた親への感謝の気持ちは、きっと力になります。

以下に、共通テスト前日にすべきことをまとめます。

  • 持ち物と経路の最終チェック
  • 簡単な復習
  • 心を落ち着かせる
  • 親への感謝

共通テスト本番に向けて、万全の準備をして、最高のパフォーマンスを発揮してください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です