教科書7回読み勉強法とは?

教科書7回読み勉強法とは、同じ教科書を7回読むことで、効率的に学習を進める方法です。

1回目から7回目まで、読む方法を変えることで、知識を段階的に定着させていきます。

1回目

・章のタイトルや見出しを拾い読みする ・全体像をつかむ

2回目

・3行ずつ斜め読みするイメージで読む ・細かい部分に目がいくようになる

3回目

・サラサラと流し読みする ・全体像をもう一度確認する

4回目

・普通のスピードで平読みする ・キーワードを意識して読む

5回目

・キーワードの間の説明文を意識して読む ・要旨をつかむ

6回目

・細部と要旨(論点)を意識して読む ・内容を理解する

7回目

・頭の中で要約しながら読む ・内容を定着させる

教科書7回読み勉強法のメリット

教科書7回読み勉強法のメリットは、以下のとおりです。

  • 効率的に学習できる

1回目から7回目まで、読む方法を変えることで、知識を段階的に定着させることができます。また、1回目から7回目まで、同じ教科書を読むことで、学習時間が短縮されます。

  • 理解度が深まる

1回目から7回目まで、読む方法を変えることで、知識を深く理解することができます。また、7回目には頭の中で要約しながら読むことで、知識を自分の言葉で表現できるようになり、理解度が深まります。

  • アウトプット力が身につく

7回目には頭の中で要約しながら読むことで、アウトプット力が身につきます。また、要約する際に、自分の言葉で表現することで、知識をより深く理解することができます。


教科書7回読み勉強法のコツ

教科書7回読み勉強法を実践する際には、以下のコツを押さえておきましょう。

  • 時間に余裕を持って取り組む

1回目から7回目まで、読む方法を変えることで、学習時間はどうしても長くなります。そのため、時間に余裕を持って取り組むようにしましょう。

  • 集中して取り組む

1回目から7回目まで、読む方法を変えることで、集中力が途切れやすくなります。そのため、集中して取り組むようにしましょう。

  • 自分のペースで取り組む

1回目から7回目まで、読む方法を変えることで、自分のペースで取り組むことが大切です。無理にペースを上げてしまうと、かえって理解が進まなくなってしまいます。

まとめ

教科書7回読み勉強法は、効率的に学習を進め、理解度を深め、アウトプット力を身につけるための効果的な勉強法です。ぜひ、実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です