受験直前・直後にやってはいけないこと

受験直前・直後は、これまでの努力の成果を発揮する重要な時期です。しかし、焦りや不安から、思わぬミスをしてしまうこともあるでしょう。ここでは、受験直前・直後にやってはいけないことをご紹介します。

1. 過去問を解きすぎる

過去問を解くことは、受験対策の基本です。しかし、直前になって過去問をやりすぎると、逆に気持ちが焦ってしまい、本来の実力を発揮できなくなる可能性があります。

過去問は、受験直前までには1周程度解いておきましょう。直前は、過去問の解説や問題集の復習に重点を置き、落ち着いて勉強できるようにしましょう。

2. 新しいことを始める

受験直前になって、新しいことを始めるのは危険です。新しいことを覚えようとすると、これまでの知識が混乱してしまい、かえって効率が悪くなります。

受験直前は、これまでに習ったことの復習を徹底しましょう。わからないところは、早めに解決しておきましょう。

3. 睡眠不足になる

受験当日は、体調を整えて、万全の状態で臨むことが大切です。そのためには、受験直前は睡眠不足にならないように注意しましょう。

1日7〜8時間の睡眠を心がけ、十分に休息をとりましょう。また、深呼吸やストレッチなど、リラックスできる時間も取り入れましょう。

4. 体調を崩す

受験直前は、体調を崩しやすい時期です。風邪やインフルエンザなどの感染症に注意しましょう。

また、ストレスから胃腸が弱ったり、食欲不振になったりすることもあります。バランスのよい食事を心がけ、規則正しい生活を送りましょう。

5. 無理をする

受験直前は、どうしても気持ちが焦ってしまい、無理をしてしまいがちです。しかし、無理をすると、かえって体調を崩したり、ミスをしてしまったりする可能性があります。

体調や気分に合わせて、無理をせずに勉強しましょう。また、家族や友人に相談したり、休息をとったりして、適度なリフレッシュも大切です。

受験直前・直後は、これまでの努力の成果を発揮する重要な時期です。焦りや不安から、思わぬミスをしないように、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です