ガムを食べながら勉強するのは実は効果的!?

ガムを食べながら勉強するのは、意外と効果的だということをご存知でしょうか?

ガムを食べると、脳の血流量が増え、記憶力や集中力が向上すると言われています。また、唾液の分泌も促されるため、口内環境を清潔に保つことができ、集中力を維持しやすくなります。

具体的には、以下のような効果が期待できます。

  • 記憶力の向上
  • 集中力の向上
  • ストレス軽減
  • 眠気覚まし

記憶力の向上

ガムを食べると、脳の海馬と呼ばれる部分の血流量が増えることが、研究で明らかになっています。海馬は、記憶や学習を司る部分であるため、血流量が増えることで、記憶力が向上すると考えられています。

集中力の向上

ガムを食べると、脳の覚醒度が高まることが、研究で明らかになっています。覚醒度が高まることで、集中力が向上し、勉強に取り組みやすくなります。

ストレス軽減

ガムを食べると、ストレスホルモンの分泌が抑制されることが、研究で明らかになっています。ストレスが軽減することで、リラックスし、集中しやすくなります。

眠気覚まし

ガムを食べると、交感神経が刺激され、眠気が覚ましやすくなります。眠いときにガムを食べると、頭をすっきりさせることができ、勉強に集中しやすくなります。

ただし、ガムを食べすぎると、逆に集中力が低下する可能性があるため、注意が必要です。また、ガムを食べながら勉強するときは、周囲への迷惑にならないように、静かに噛むようにしましょう。

ガムを食べながら勉強する際のポイント

ガムを食べながら勉強する際は、以下のポイントを押さえると、より効果的に勉強に取り組むことができます。

  • ガムの種類は、キシリトール入りのガムを選ぶと、虫歯予防にもなります。
  • ガムを噛む時間は、15分程度を目安にしましょう。
  • 周囲への迷惑にならないように、静かに噛むようにしましょう。

ガムを食べながら勉強する習慣を身につけることで、勉強の効率をアップさせることができるかもしれません。ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です