必要な参考書の数

受験勉強を始めると、まず悩むのが参考書の選び方ではないでしょうか。書店に行くと、たくさんの参考書が並んでいて、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも多いと思います。

そこで今回は、必要な参考書の数について考えてみたいと思います。

参考書は多ければいいわけではない

結論から言うと、必要な参考書の数は、人によって異なります

参考書は、あくまでも学習を補助するためのツールです。大切なのは、自分に合った参考書を選ぶことです。

参考書が多すぎると、

  • どれから手をつければいいのか分からなくなる
  • 同じ内容を何度も読むことになり、時間がかかってしまう
  • 理解が追い付かなくなり、モチベーションが下がってしまう

といったデメリットがあります。

参考書を選ぶ際のポイント

参考書を選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 自分のレベルに合った参考書を選ぶ
  • 内容が分かりやすく解説されている
  • 問題演習が豊富に収録されている
  • 自分が使いやすいと感じる

書店で実際に手に取って、内容を確認してみることをおすすめします。

最初は少なめの参考書から始める

最初は、少なめの参考書から始めるのがおすすめです。

少ない参考書をしっかりと理解し、使いこなせるようになってから、必要に応じて増やしていくのが良いでしょう。

まとめ

必要な参考書の数は、人によって異なります

大切なのは、自分に合った参考書を選ぶことです。

最初は少なめの参考書から始めて、徐々に増やしていくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です