英語が苦手で勉強したくない人へ

英語は世界共通語として重要視され、学校教育でも力を入れています。しかし、多くの人が英語を苦手意識を持ち、勉強したくないと感じているのも事実です。

「英語が苦手で勉強したくない気持ちは、決して悪いことではありません。むしろ、自分の正直な気持ちに素直に向き合っている証拠と言えるでしょう。」

しかし、英語を全く学ばないことは、将来の可能性を狭めてしまう可能性もあります。そこで、英語が苦手で勉強したくない人でも、少しでも英語に興味を持つきっかけとなるような情報を提供したいと思います。

1. 英語が苦手な原因を探る

英語が苦手だと感じる原因は人それぞれです。

  • 文法が難しい
  • 単語を覚えられない
  • 発音がうまくできない
  • そもそも英語に興味がない

など、様々な理由が考えられます。

まずは、自分が英語を苦手だと感じる原因を探ることが重要です。原因が分かれば、それに応じた対策を講じることで、英語学習に対する苦手意識を克服しやすくなります。

2. 小さな目標から始める

英語学習をいきなり本格的に始めようとすると、挫折してしまう可能性が高いです。

まずは、簡単な単語や文法から始め、少しずつレベルを上げていくようにしましょう。

例えば、

  • 毎日10個の単語を覚える
  • 簡単な英語の文章を音読する
  • 英語のニュースを聞いてみる

など、小さな目標から始めることが大切です。

3. 楽しみながら英語を学ぶ

英語学習を義務感で続けようとしても、長続きしません。

映画や音楽、ゲームなど、自分が楽しめる方法で英語を学ぶことが大切です。

最近は、英語学習用のアプリやオンラインサービスなど、楽しみながら英語を学べるツールもたくさんあります。

4. 周りの人に助けを求める

英語学習は、一人で抱え込まずに、周りの人に助けを求めることも大切です。

学校の先生や友達、英会話教室の講師など、英語に詳しい人に相談してみましょう。

5. 英語学習の成果を記録する

英語学習を続けていくためには、モチベーション維持が重要です。

そのため、英語学習の成果を記録しておくことをおすすめします。

例えば、

  • 覚えた単語数を記録する
  • 英語で読んだ本の感想をブログに書く
  • 英語学習の進捗状況をSNSで共有する

など、自分なりの方法で記録しておきましょう。

英語は、苦手意識さえ克服すれば、誰にとっても学ぶことができます。

今回紹介した方法を参考に、ぜひ英語学習に挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です