受験のためにランニングした話

受験勉強は、孤独でストレスの溜まるものです。机に向かう時間が長くなり、運動不足になりがちです。そんな時、私はランニングを始めました。

最初は、ただ単に運動不足解消のために始めたランニングでしたが、次第にランニングが受験勉強の助けになってくれることに気づきました。

ランニングが受験勉強に役立った理由

  1. ストレス解消: ランニングは、ストレスホルモンを減少させ、気分を落ち着かせる効果があります。受験勉強でストレスが溜まった時、ランニングすることで気分転換になり、勉強に集中しやすくなりました。
  2. 集中力アップ: ランニングは、脳の血流を促進し、集中力を高める効果があります。ランニングをした後、勉強すると頭がスッキリして、集中して勉強することができました。
  3. 睡眠の質向上: ランニングは、深い睡眠を促す効果があります。受験勉強で睡眠不足になりがちでしたが、ランニングをすることで質の良い睡眠をとることができ、疲労回復に役立ちました。

ランニングの具体的な方法

  • 週に3~4回、30分~1時間程度ランニングしました。
  • 最初はゆっくりと走り、徐々にペースを上げていきました。
  • 音楽を聴きながら走ると、気分転換になりました。
  • ランニング後は、しっかりと水分補給とストレッチを行いました。

ランニングを始めてからの変化

ランニングを始めてから、以下のような変化がありました。

  • ストレスが減り、気持ちが安定した。
  • 集中力が高まり、勉強に集中できる時間が増えた。
  • 睡眠の質が向上し、疲労感が軽減された。
  • 体力がつき、風邪をひきにくくなった。

受験結果

ランニングを始めてから、勉強の効率が上がり、受験結果も目標としていた大学に合格することができました。

ランニングは、受験勉強を乗り越えるための大きな助けになりました。受験勉強で苦しいと感じている人は、ぜひランニングを試してみてください。

まとめ

ランニングは、受験勉強に役立つ効果がたくさんあります。受験勉強でストレスを感じている人は、ぜひランニングを始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です