書いて覚えるのはもう古い!?

学生時代、テスト前に単語帳を何度も書いて覚えたり、ノートを綺麗にまとめたりして勉強した経験はありませんか? 書いて覚えることは、昔から有効な学習方法として知られています。しかし、近年では、書くことよりも他の学習方法の方が効果的だという意見も増えてきました。

書くことによるデメリット

  • 時間がかかる: 書くことは、読むことや聞くことよりも時間がかかります。限られた学習時間の中で、書くことに多くの時間を費やすのは効率的ではありません。
  • 記憶に残りづらい: 書いた内容は、すぐに忘れてしまうことがあります。脳は、能動的に情報を処理した方が記憶に残りやすいと言われています。
  • 手書きが苦手な人もいる: 手書きが苦手な人にとっては、書くことは苦痛でしかありません。そのような人にとって、書くことは学習の妨げになります。

書くことよりも効果的な学習方法

  • 音読: 音読は、読むことと聞くことを同時にできる学習方法です。書くことよりも短時間で多くの情報を処理することができ、記憶にも残りやすいと言われています。
  • イメージ化: 覚える内容をイメージ化するのも効果的な学習方法です。イメージと情報を結びつけることで、記憶が強化されます。
  • アウトプット: 覚えた内容を実際に使ってみることも大切です。問題を解いたり、人に説明したりすることで、記憶が定着します。

結論

書くことは、昔から有効な学習方法として知られていますが、必ずしも最適な方法とは限りません。学習内容や自分の特性に合わせて、最適な学習方法を選択することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です