意外とノートの書き方は大事!? 

学生時代、ノートといえば教科書や参考書に次いで重要なアイテムでした。授業内容を書き留めたり、テスト勉強をしたりと、ノートは私たちの学習を支えてくれました。

しかし、大人になってからノートを使う機会は減ってしまうものです。しかし、仕事や趣味など、様々な場面でノートが役立つことがあります。

そこで今回は、意外と奥深いノートの書き方について、色を使いすぎないという観点から考えてみたいと思います。

色は情報を整理するのに役立つ

ノートに色を使うことは、情報を整理するのに役立ちます。例えば、

  • 重要なポイントを赤ペンで囲む
  • キーワードを青ペンで書く
  • 図や表をカラフルに描く

など、色を使い分けることで、後から見返した時に必要な情報を見つけやすくなります。

しかし、色を使いすぎると、かえって情報が分かりにくくなってしまうことがあります。

色を使いすぎると逆効果?

色を使いすぎると、以下のようなデメリットがあります。

  • 見にくくなる
  • 情報が散漫になる
  • 集中力が途切れる

特に、蛍光ペンなどの派手な色を使いすぎると、目がチカチカしてしまい、集中力が途切れてしまうことがあります。

適切な色使いで効果的にノートを活用

ノートを効果的に活用するためには、適切な色使いが重要です。

基本的には、3色程度に色を絞るのがおすすめです。

よく使う色は、黒、赤、青などが良いでしょう。

重要なポイントには赤ペンキーワードには青ペン図や表には色鉛筆など、色を使い分けて情報を整理しましょう。

また、蛍光ペンを使う場合は、ポイント的に使うようにしましょう。

まとめ

ノートは、情報を整理したり、記憶を定着させたりするのに役立つ便利なツールです。

色を使いすぎないという点を意識して、自分にとって使いやすいノートづくりを目指しましょう。

その他、ノートの書き方のコツ

  • 見出しをつける
  • 箇条書きにする
  • 図や表を使う
  • 余白を空ける
  • 定期的に見返す

これらのコツを意識して、自分にとって最適なノートの書き方を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です