抜き出し問題のコツ

はじめに

国語の入試問題でよく出題される抜き出し問題は、一見簡単そうに見えて、実は奥が深い問題です。解答肢が本文と一致しているかどうかを判断するだけでなく、本文の内容を理解し、適切な表現を選ぶ必要があるからです。

抜き出し問題を攻略するためのコツ

以下に、抜き出し問題を攻略するためのいくつかのコツを紹介します。

1. 問題文をよく読む

問題文には、抜き出す内容が具体的に指示されています。指示をよく読み、何を求められているのかを正確に把握しましょう。

2. 本文全体の構成を把握する

抜き出す内容は、本文のどこかに必ず書かれています。そのため、本文全体の構成を把握することが重要です。段落ごとにどのような内容が書かれているのか、見出しや接続詞などを手がかりに理解しましょう。

3. 空欄の前後を読む

空欄の前後には、抜き出す内容に関するヒントが隠されていることが多いです。空欄の前後でどのようなことが書かれているのか、よく読みましょう。

4. 抜き出す内容のパターンを知る

抜き出し問題は、大きく分けて以下の3つのパターンに分類できます。

  • 具体的な情報:人物の名前、場所、時間、数量など
  • 具体的な説明:事物の特徴、理由、効果など
  • 筆者の意見・主張:筆者が述べている考えや感情など

それぞれのパターンにどのような表現が使われるのか、過去問などを参考に理解しておくと、解答肢を見つける際のヒントになります。

5. 複数の選択肢を比較する

複数の選択肢が与えられた場合は、それぞれの選択肢が本文の内容と一致しているかどうかを比較検討する必要があります。正解となる選択肢は、本文の内容と整合性があり、かつ他の選択肢よりも適切な表現であることが多いです。

6. 字数制限に注意する

抜き出し問題には、字数制限が設けられている場合があります。字数制限内に収まるように、適切な表現を選びましょう。

7. 過去問をたくさん解く

抜き出し問題は、慣れれば慣れるほど解きやすくなります。過去問をたくさん解くことで、問題形式や解答テクニックに慣れることができます。

まとめ

抜き出し問題は、国語の入試問題で重要な得点源です。上記のポイントを意識して練習することで、抜き出し問題を攻略することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です