英語の熟語を効率的にマスターする5つの秘訣

英語学習において、単語は必須アイテム。しかし、単語の意味を理解しているだけでは、実際の会話でスムーズに使うことはできません。そこで重要となるのが「熟語」。単語と単語が組み合わさって生まれる熟語は、単に単語の意味を足しただけではありません。独自のニュアンスや意味合いを持ち、ネイティブスピーカーも日常的に使う表現です。

しかし、多くの学習者にとって、英熟語はまさに「鬼門」。複雑な意味や覚えにくい組み合わせが多く、なかなか頭に入らないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、英語の熟語を効率的にマスターするための5つの秘訣をご紹介します。これらの方法を組み合わせることで、今まで苦戦していた英熟語がスラスラと覚えられるようになるでしょう。

1. イメージで覚える

英熟語を暗記しようとするあまり、日本語訳をひたすら唱えていませんか? 実は、英熟語はイメージで覚える方がはるかに効率的です。

例えば、「get away with」という熟語。日本語訳は「逃げる」ですが、単に「警察から逃げる」という意味ではありません。「叱られずに済む」、「責任を逃れる」など、状況によって様々なニュアンスがあります。

そこで、「get away with」をイメージで覚えるとします。警察官に追いかけられている泥棒が、巧みに追っ手から逃げ切る様子を想像してみてください。このように、イメージと結びつけることで、熟語の意味をより深く理解し、記憶に定着させやすくなります。

2. 単語の成り立ちを知る

熟語は、2つの単語が組み合わさってできています。それぞれの単語の意味を知っていれば、熟語全体のイメージを掴みやすくなります。

例えば、「take care of」という熟語。「take」は「取る」、「care」は「世話をする」という意味です。つまり、「take care of」は「世話をする」という意味だと推測できます。さらに、「of」という前置詞が加わることで、「責任を持って世話をする」という意味合いが強くなります。

このように、単語の成り立ちを知ることで、熟語の意味をより深く理解することができます。

3. 類義語・対義語と比較する

類義語や対義語と比較することで、熟語の意味をより明確に理解することができます。

例えば、「look up to」という熟語。「look up」は「上を見る」という意味ですが、「to」という前置詞が加わることで、「尊敬する」という意味になります。

そこで、「look up to」の類義語として、「admire」や「respect」を挙げてみましょう。「admire」は「感心する」、「respect」は「敬意を表する」という意味です。これらの類義語と比較することで、「look up to」が単に「上を見る」だけでなく、「尊敬の念を持って上を見る」という意味であることが理解できます。

同様に、対義語と比較するのも効果的です。「look up to」の対義語として、「look down on」を挙げてみましょう。「look down on」は「軽蔑する」という意味です。この対義語と比較することで、「look up to」が「尊敬する」という意味であることがより明確になります。

4. 熟語帳を活用する

独学で英熟語を覚えるのは大変です。そこで、おすすめの熟語帳を活用しましょう。

熟語帳を選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • レベルに合ったものを選ぶ:自分のレベルに合っていない熟語帳を選ぶと、挫折してしまう可能性があります。
  • イメージ図やイラストが豊富なもの:イメージ図やイラストがあると、熟語の意味を理解しやすくなります。
  • 例文が豊富なもの:例文があると、熟語の使い方を学ぶことができます。
  • 音声付きのもの:音声付きだと、発音を確認することができます。

近年では、アプリ形式の熟語帳も人気です。スキマ時間に手軽に学習できるというメリットがあります。

おすすめの熟語帳

  • 『改訂版 究極の英熟語』 (桐原書店)
  • 『英熟語ターゲット1900』 (旺文社)
  • 『中学英熟語300』 (旺文社)
  • 『英熟語ターゲット1800』 (旺文社)
  • 『英単語ターゲット1900』 (旺文社)

これらの熟語帳は、いずれも評判が高く、多くの英語学習者に愛用されています。自分のレベルや目的に合ったものを選んでみてください。

5. アウトプットを意識する

英熟語を覚えるためには、インプットだけでなくアウトプットも重要です。

覚えた熟語を実際に使ってみることで、記憶に定着しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です