漢文のおきじってなに?

漢文を読むとき、なんだかよくわからない字を見かけることがありますよね。実は、それらは「置き字」と呼ばれるもので、訓読するときには読まない決まりになっているんです。

置き字とは

置き字とは、漢文を日本語に訓読する際に、本来は読むべきなのにもかかわらず、あえて読まない漢字のことです。日本語には、中国語の助字や接続詞などのニュアンスを正確に表現する言葉がないため、置き字として扱うようになったと考えられています。

主な置き字とその役割

代表的な置き字とその役割は以下の通りです。

  • 而(じ):接続詞。「そして」「しかし」などの意味を持つ。
  • 焉(えん):指示詞。「そこで」「それ」などの意味を持つ。
  • 矣(き):終助詞。「もう」「すでに」などの意味を持つ。
  • 於(う):介詞。「において」「によって」などの意味を持つ。
  • 于(よ):介詞。「において」「によって」などの意味を持つ。(於とほぼ同じ意味だが、より丁寧な表現)
  • 乎(こ):間投詞。「だろうか」「かな」などの意味を持つ。

置き字の重要性

置き字は、単に読む必要がない文字ではありません。文脈を読み解き、正確に意味を理解するためには、置き字の働きをしっかりと把握することが重要です。例えば、「而」によって文脈が大きく変わってくる場合もあります。

置き字をマスターするコツ

置き字をマスターするには、以下の点に意識すると良いでしょう。

  • 主要な置き字とその意味を覚える
  • 置き字を含む文をたくさん読む
  • 置き字がどのような働きをしているのか意識する

まとめ

置き字は、漢文を読む上で非常に重要です。最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば自然と理解できるようになります。ぜひ、置き字をマスターして、漢文をより深く味わいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です