暗記と理解のベストバランス!効率的な学習法とおすすめ参考書

化学は、暗記と理解の両方が必要な科目として知られています。

「暗記ばかりで大変…」と感じている方も多いのではないでしょうか?

しかし、適切な学習法を実践することで、効率的に化学をマスターすることができます。

そこで今回は、化学学習における暗記と理解のベストバランスと、効率的な学習法おすすめ参考書をご紹介します。

1. 化学における暗記と理解の割合

化学は、暗記と理解の5:5程度と言われています。

つまり、暗記と理解を バランス良く学習することが重要です。

暗記すべきもの

  • 元素記号、原子量、分子量、イオン化エネルギー、電子親和力など
  • 化学反応式、イオン反応式、酸化還元反応式など
  • 化学平衡、酸塩基、溶解度など
  • 有機化合物の構造、性質、反応など

理解すべきもの

  • 原子構造、分子構造、結合のしくみ
  • 化学反応のしくみ、エネルギー収支
  • 化学平衡の原理、酸塩基の理論
  • 有機化合物の反応機構

2. 効率的な学習法

1. 基礎固め

まず、化学の基礎となる用語や概念をしっかりと理解することが重要です。

教科書や参考書を使って、丁寧に理解を深めましょう。

2. 問題演習

基礎が固まったら、問題演習を通して理解を定着させましょう。

最初は簡単な問題から始め、徐々に難易度を上げていきましょう。

3. 暗記と理解のバランス

暗記と理解をバランス良く学習することが重要です。

暗記ばかりではなく、理解に基づいた暗記を心がけましょう。

4. 自分に合った学習法を見つける

人によって、得意な学習法は異なります。

自分に合った学習法を見つけて、継続することが大切です。

3. おすすめ参考書

基礎固め

  • 『改訂版 ニューチャート式 化学』(東京化学同人)
  • 『化学基礎 改訂版』(裳華房)

問題演習

  • 『化学のエッセンス 改訂版』(旺文社)
  • 『化学反応のしくみ 改訂版』(数研出版)

その他

  • 『図解入門 化学』(啓文社)
  • 『化学図鑑 改訂版』(旺文社)

まとめ

化学は、暗記と理解をバランス良く学習することで効率的にマスターすることができます。

今回紹介した学習法と参考書を参考に、自分に合った方法で学習を進めましょう。

補足

  • 化学は、実験を通して理解を深めることもできます。 学校の実験の授業や、自宅でできる簡単な実験に積極的に取り組んでみましょう。
  • わからないことがあれば、先生や友人などに積極的に質問しましょう。

頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です