勉強は家ではなく、外でやろう!

はじめに

多くの人が、自宅で勉強するのが一番効率的だと考えています。しかし、必ずしもそうとは限りません。むしろ、外で勉強する方が集中できて、効果的に学習できるという人も少なくありません。

外で勉強するメリット

  • 集中力がアップする: 家だと、テレビや冷蔵庫など、誘惑するものがたくさんあります。しかし、外だとそういった誘惑がなく、集中して勉強することができます。
  • 気分転換になる: ずっと同じ場所で勉強していると、飽きてきてしまうことがあります。外で勉強することで、気分転換になり、集中力を維持することができます。
  • 新しい刺激を受ける: 家だと、いつもと同じ環境で勉強することになります。しかし、外だと、様々な人や景色を見ることができます。そういった新しい刺激を受けることで、脳が活性化され、学習効果がアップします。

外で勉強するデメリット

  • 騒音が多い: カフェや図書館など、人混みが多い場所だと、騒音が多いことがあります。集中して勉強できない可能性があります。
  • 天候に左右される: 屋外で勉強する場合は、天候に左右されます。雨の日や寒い日は、勉強できない可能性があります。
  • 持ち物が多くなる: ノートや教科書など、必要なものを全て持ち運ぶ必要があります。荷物が多いと、移動するのが大変になります。

外で勉強する場所

  • カフェ: Wi-Fiや電源があるカフェであれば、快適に勉強することができます。ただし、混雑している場合は、騒音が多いので注意が必要です。
  • 図書館: 静かな環境で勉強したい場合は、図書館がおすすめです。ただし、図書館によっては、飲食禁止や会話禁止などのルールがあるので、事前に確認しておきましょう。
  • 公園: 天気が良い日は、公園で勉強するのもおすすめです。自然の中で勉強することで、気分転換になります。ただし、虫や騒音には注意が必要です。
  • コワーキングスペース: 最近は、コワーキングスペースと呼ばれる、仕事や勉強に集中できるレンタルスペースが増えています。Wi-Fiや電源が完備されており、静かな環境で勉強することができます。ただし、利用料金がかかるので、注意が必要です。

外で勉強するときの注意点

  • 貴重品には注意する: 外で勉強する場合は、貴重品には十分注意しましょう。盗難や置き引きに遭わないように、肌身離さず持ち歩きましょう。
  • 水分補給を忘れずに: 長時間勉強していると、脱水症状になることがあります。こまめに水分補給をしましょう。
  • 休憩を取る: 1時間程度に1回、休憩を取るようにしましょう。長時間の勉強は、集中力が低下してしまいます。

まとめ

勉強は必ずしも家で行う必要はありません。外で勉強することで、集中力をアップしたり、気分転換になったりすることができます。自分に合った場所を見つけて、ぜひ外で勉強してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です