インプットとアウトプットは「3:7」を意識せよ: 脳科学に基づいた最強の学習法

はじめに

効率的な学習方法として、「インプットとアウトプットの比率を3:7にする」*という考え方があります。これは、脳科学に基づいた学習法であり、記憶の定着率を大幅に向上させることがわかっています。

インプットとアウトプットとは?

  • インプット: 読書、講義、動画視聴など、知識を取り入れる活動
  • アウトプット: 問題演習、レポート作成、人に説明するなど、知識をアウトプットする活動

なぜ「3:7」なのか?

人間は、インプットした情報アウトプットすることで、記憶として定着させることができます。しかし、インプットばかりでは、知識が表面的な理解にとどまってしまい、すぐに忘れてしまいます。

一方、アウトプットを意識的に行うことで、情報を深く処理し、長期記憶として定着させようとします。

3:7という比率は、脳科学の実験に基づいて導き出された最適な比率です。インプット3割アウトプット7割の時間を費やすことで、記憶の定着率を最大限に高めることができます。

具体的な学習方法

インプットアウトプット3:7の比率で意識した学習方法としては、以下のようなものがあります。

  • 教科書を読む (インプット) 問題を解く (アウトプット)
  • 講義を聞く (インプット) レポートを書く (アウトプット)
  • 英単語を覚える (インプット) 英作文をする (アウトプット)

ポイント

  • アウトプットは、ただ闇雲に行うのではなく自分の理解度を確認しながら行うことが重要です。
  • アウトプット時間をかけることで、より深い理解につながります。
  • アウトプットの方法は、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

まとめ

インプットアウトプット3:7の比率で意識することは、記憶の定着率大幅に向上させるための最強の学習法です。ぜひ、今日から実践してみてください。

その他

  • インプットアウトプット交互に行うことで、集中力を維持することができます。
  • アウトプットは、誰か教えるというイメージで行うと、より効果的です。
  • アウトプット成果記録することで、モチベーションを維持することができます。

脳科学に基づいた最強の学習法をマスターして、効率的に学習を進めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です